R2国道17号上尾道路JR跨線橋下部工事

R2国道17号上尾道路JR跨線橋下部工事


工事名 R2国道17号上尾道路JR跨線橋下部工事
施工場所 埼玉県鴻巣市箕田地先
発注者 国土交通省 大宮国道事務所
構造・規模 鴻巣市箕田地区において、一般国道17号上尾道路とJR高崎線が交差する箇所の跨線橋下部工を施工しました。
場所打杭(φ1500㎜、L=35.5m) 8本、橋台躯体工 1式、地盤改良工 1,500m3、土留・仮締切工 1式

≪12月末の現場状況≫
【橋台躯体工・地盤改良工】
橋台躯体工の施工が終わり、コンクリートの乾燥後に表面被覆塗装を行います。
また、橋梁に接続する擁壁部の地盤改良工の施工を行いました。
≪11月末の現場状況≫
【橋台躯体工】
橋台躯体工の施工が残りわずかとなりました。
躯体の施工完了後、橋梁に接続する擁壁部の地盤改良工事を施工します。
≪10月末の現場状況≫
【橋台躯体工】
橋台躯体工が始まり、底版の施工が完了しました。
引き続き竪壁、パラペットの施工を行います。
≪9月末の現場状況≫
【場所打ち杭工】
場所打ち杭(φ1500㎜、L=35.4m)の施工、掘削が完了しました。今後は杭頭処理を行い、橋台の施工に入ります。
≪8月末の現場状況≫
【場所打ち杭工】
橋の荷重を地中の強い層(支持層)に支持させるため、φ1,500㎜、L=35.5mの杭を施工しています。
≪7月末の現場状況≫
【仮設工・構造物撤去工】
仮設工事が完了し、8月より本体工事(場所打ち杭)の施工を行います。
≪6月末の現場状況≫
【仮設工・構造物撤去工】
7月下旬より本体工事に着手するため、仮設等の準備を行っています。